神戸学院大学同窓会
住所変更依頼

同窓生インタビュー


アクアビクスインストラクター 1998年 法学部卒 上栗 幾子さん
2013.08.20

学生時代に経験した水泳指導員のアルバイトがきっかけで、スポーツクラブに就職。アクアビクスに興味を持ち、インストラクターの資格を取得されました。関西を中心にフリーで活動中。4歳の息子さんと昨年10月に産まれたばかりの娘さんの子育てにも励まれています。

勉強やスポーツ、アクティブに過ごした学生時代人に教える楽しさを知る

もともと活動的なタイプで、子供ができるまではスキューバダイビングやスノーボードをするために、呆れるくらい海や雪山へ繰り出していましたね。高校生の頃は報道の仕事にも興味があったので、法学部へ進学。特に刑法の授業が面白く、神戸地方裁判所で実際の裁判を見学したことは、今でも印象に残っています。

この仕事に就くきっかけになったのは、3回生の頃に始めた水泳指導のアルバイト。誰かに教ええることの楽しさややりがいに気づき「こういう仕事もいいな」って思ったんです。卒業後はスポーツクラブに就職して、しばらくは水泳を教えていたのですが、アクアビクスの魅力を知ってから、すぐにインストラクターの資格を取得しました。今は色々なスポーツジムと契約させていただき、関西を中心にフリーで活動しています。

これからもアクアビクスの魅力をたくさんの方に伝えていきたい

 

アクアビクスは、水の中で行う有酸素運動。陸でのエクササイズに比べ、ひざや腰にかかる負担が少ないため、肥満や体の不調を抱える幅広い年齢層の方に対応した運動として注目されています。特にご高齢のお客様からは、アクアビクスを始めたことで、趣味の山歩きやゴルフを楽しんだり、旅行に出かけるなど、活動的になったというお話を聞きます。レッスンは集団で受けますので、友達の輪も広がります。これからも、たくさんの方
にアクアビクスの魅力を広めていきたいと思っています。

アクアビクスは水の中で行うエクササイズ。関西のスポーツジムを中心に指導されています。

一覧へ戻る